エナジードリンクの成分を知る|ガス欠bodyにエネルギー注入!

レディー

効果的に飲む活力アップを

窓辺

栄養ドリンクとは違います

ここぞという時やもうひと踏ん張り気合を入れたい時に、飲みたくなるのが栄養ドリンクやエナジードリンクですが、栄養ドリンクとエナジードリンクには違いがあります。栄養ドリンクとは滋養強壮や疲労回復、栄養補給の目的で服用する医薬部外品に該当します。それに対してエナジードリンクは清涼飲料水に該当し、滋養強壮や疲労回復、栄養補給などの効能を記載することは禁じられています。またエナジードリンクにはナイアシンやビタミンB6、カフェインなどが含まれていますが、栄養ドリンクのようにタウリンが含まれていないという特徴もあります。またエナジードリンクの場合はカフェインを多く含むものもあり、適量飲むことで眠気を覚ましたり気持ちをリフレッシュする効果が期待できます。栄養ドリンクが疲れを解消する目的で飲むのに対し、エナジードリンクはエネルギーをチャージしたい時に飲むのに適して飲料であるといえます。

飲みやすくて元気が出ます

ところでエナジードリンクは栄養ドリンクのような効能は期待できませんが、栄養ドリンクに比べると味も良く、飲んだ後はカフェインやアミノ酸などが配合されているものも多いので元気が出ます。また国内のものから海外のものまで種類も豊富で、飲みやすい上に缶のデザインもおしゃれなので人気を集めています。最近カフェインの過剰摂取が問題になりましたが、カフェインを含まないエナジードリンクも販売されるようになり、目的に合わせて上手に飲むことで元気が出て仕事や遊びも充実できます。ちなみにエナジードリンクは飲むタイミングを選ぶことで、より効果を実感することができます。カフェイン入りのものは重要な仕事の30分前に飲むと、30分後にはカフェインの効果が出て眠気も取れ、仕事に集中しやすくなります。また胃液の分泌が盛んになる食後に飲むと胃を荒らすこともなく、エナジードリンクの成分が吸収されやすくなるので効果的です。